ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから



●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg
-  |  次の10件 »

耐久性に優れランニングコストが少ない居心地の良い家を安く

ローコスト住宅って建物本体価格が安い家の事って思われている方が多いですね。


現実にハウスメーカーには500万円台の家とか700万円台の家とか1000万円以下の
規格住宅があります。


それはあくまでも基本本体価格であってその価格の中に含まれていない費用が必要で
住めるように完成するには基本本体価格の2倍近くだったりします。


工事に必ず必要な足場代や外部の給排水工事費用等も別途費用となってたりします。


建物床面積は小さく狭く窮屈でとても家族4人で暮らせるようなスペースではありません。


建物の仕様はこれ以上安い物を探すのが困難な程です。


仕様というのは

基礎や土台や柱等の構造部分の他に外装材・内装材・建具・断熱・設備機器等を明記したものです。

あるハウスメーカーの仕様です。↓

基礎は鉄筋やコンクリートが少なくて済む 布基礎
土台は腐りやすい米松
内装壁は量販タイプのビニールクロス
床は厚みが薄い7.5ミリのカラーフロア
外壁はすぐ色あせして汚れる14ミリ厚のサイディング
断熱材は断熱性能の劣る薄いグラスウール
給湯器は小さな壁掛け型のガス給湯器
キッチンやお風呂や洗面・トイレ等の設備機器も最低のもの


耐久性もなければ断熱性も無い 電気代等のランニングコストがかかる家ですね。




お家を建てられる時は建築費用のコストばかり考えがちですが

本当のローコストとはそうではありません。




ローコストとは

住宅のコストには、建築工事費をイニシャルコスト、
電気代・ガス水道代などのランニングコスト、
修理代・塗装修繕のメンテナンスコスト、
生活の変化に家を改修するコストなどがあり、

建築後何十年後かに解体されるまでにかかった全てのコストの総額を、ライフサイクルコストといいます。


建築工事費のイニシャルコストさえ安ければそれでいいですか?


安く建てても
メンテナンス費用がかかったり・夏は暑いし冬寒い居心地の悪い家でランニングコストのかかる家

耐久性に劣り早く建て替えなければならなく家っていいですか?



実際に住まれる方にとって、ライフサイクルコストが安くなるのが一番ではないでしょうか?



私は自分の家族に誇れないような家は設計したくありません。


耐久性・断熱性・品質に優れてランニングコストが少ない居心地の良い家をお勧めします。


「でもローコスト住宅ってタイトルになってるじゃない」とおっしゃられるかもしれませんね。


安くて悪い材料は使わずにローコストで家を建てる方法があります

その方法を詳しく知りたい方は今ご覧の弊所のWEBサイトの他に
各種の無料プレゼントで提供しています。↓


1 毎週土曜日に配信しています無料メルマガ お申し込み詳細はこちら ↓

メルマガボタン4.gif

2 メールセミナー全16回 お申し込み詳細はこちら ↓

メールセミナーボタン1.gif

3 無料資料請求 お申し込みはこちら ↓

資料請求ボタン2.gif




失敗したくない家創りの参考にされて下さい。





クロス貼り工事中

岡山県のデザイナーズ住宅は大工さんの工事が終わって

クロス貼りの工事中です。

プラスターボードの継ぎ目やビス頭部分をパテで平滑にしています ↓


津山の家クロスパテ.jpg


LDKの天井は勾配天井で高い天井なので室内足場をしています。

津山の家クロス工事足場.jpg


一部壁紙が貼られています。

津山の家クロス工事.jpg


構造材の梁が一部見える内装仕上げになります。


木の暖かみのあるナチュラルな仕上げです。


壁紙は賃貸マンション等では価格の安い量販タイプが使われていますが

ワンランクアップの壁紙見本帳からお客様の好みで自由に選んで頂いてます。



内装クロス貼り工事が終わると室内の雰囲気が良くなりますね。



無料プレゼント!

メールセミナーボタン1.gif



洗濯物干し兼テラス

岡山県のデザイナーズ住宅は

洗濯物を干したりテラスとして使える屋根を取り付けました。


津山の家物干し.jpg


サッシカラーと同色のアルミ製で半透明で光が入る屋根です。



浴室や洗濯室が1階にあるので家事動線が短くなるよう

1階の南面と東側から日光がよくあたる位置を選んでいます。




浴室に暖房乾燥機もありますが屋外の太陽光で乾かすのが

日光消毒にもなって一番良い方法ですよね。



洗濯物や布団を干す以外にテラスとしての利用もできます。


室内から出入りしやすいように、コンクリート土間を地面よりも高くしています。

土間の仕上げはこれからです。



定番のテラス屋根ですが、屋根があると突然の雨の時も安心で

室内と庭をつなげる役割も果たしますね。



毎週土曜日に家づくりに役立つ情報を配信しています ↓


メルマガボタン4.gif






軒の深い家がパッシブ設計では無い


パッシブ設計とは、太陽の光や熱、風など自然の力を採りこみ

調整することで、エアコンなどの冷暖房器具に頼らず、

四季を通じて快適に暮らせる住まいづくりをめざす設計手法です。



屋根の軒を深くして夏、直射日光が室内に入らない様にパッシブ設計

でして欲しいって方がありますね。



夏の直射日光を遮るのに最も有効なのは軒を深くするよりも

窓のすぐ上に庇を設ける事です。



窓上から庇下端までの距離・窓の高さ・壁面からの庇の張り出し寸法

による窓の日射量補正係数計算方法も明示されています。



大抵、窓から軒までの距離って大きいです。


窓上から軒までの距離があると効果がありません。



弊所では

住宅性能表示制度の断熱性能等級の最高ランクである等級4の数値を

上回る高断熱設計をして、計算結果をお客様に提示
して説明しておますが


断熱性能等級4には

外皮平均熱貫流率UA値(外皮の断熱性。熱の逃げにくさ)と

冷房期の平均日射熱取得率ηAC(冷房効率・冷房期における日射熱による影響)

を計算結果の数値で表します。



地域区分により基準数値が定められています。

6地域の場合等級4で

外皮平均熱貫流率UA値0.87以下

冷房期の平均日射熱取得率ηAC2.8以下

ですが


計算結果は特に冷房期の平均日射熱取得率ηACの値は大きく下回っています。


LOW-E複層ガラスを使用しているので夏の直射日光による影響が少ないからです。





深い軒のデザインを好まれる方もありますが

深い軒にすると屋根面積も大きくなります。



軒裏の仕上げ材料や職人さんの手間もかかります。


コストアップになりますね。


おまけに、台風による影響も大きくなります。



窓上に庇を設ければ、屋根全体を大きくする必要が無く

夏の日差しを効率よく遮りコストダウンになりますね。


雨の日でも窓を開けられます。


無駄を省いたシンプルモダンなデザインの住宅もできます。



窓上にヒサシを設けた設計事例↓

津山の家窓上庇.jpg



ヒサシ兼用のシャッター雨戸ボックスを使った事例 ↓

津山の家シヤッター雨戸.jpg


オーニングを使った事例 ↓

オーニング2.jpg


外壁材は雨で汚れが洗い流せるセルフクリーニングの物が

ほとんどになってきていますが

深い軒だと雨で洗い流せませんね。



パッシブ設計は和風古民家の様にする事ではありません。



お問い合わせボタン5.gif

壁量計算やN値計算を行いました

兵庫県篠山市の平屋住宅は壁量計算やN値計算を行いました。

N値計算・壁量計算.jpg


小規模な平屋住宅ですが、

建築基準法で定められた壁量計算・偏心率・四分割法・N値計算を

して建築基準法に適合している事を確かめました。



壁量計算は地震力・風圧力に耐える必要壁量を満たしているか

計算する物で壁量充足率が1.0以上必要ですが



計算結果は

地震力X方向9.72 Y方向5.82 風圧力X方向3.60 Y方向2.42

で基準値を大きく上回る地震や台風にも安全な構造となっています。




偏心率・4分割法はバランスの良い耐力壁の配置を検討する物で

こちらも余裕で適合です。




N値計算は、引張り耐力がその部分の必要耐力以上であるかを計算で確かめて、

柱頭・柱脚の接合金物を選定しています。





木造住宅は昔から大工さんの経験やカンで建てられてきて

詳細な計算を行わずに現在も建てている場合があります。



怖いですね !



新庄一級綜合建築設計では

建築確認申請に計算書の添付が必要なくても又、小規模な平屋住宅であっても、

計算により建築基準法に適合している事を確かめ

計算結果はお客様にも説明してお渡ししています。




住宅の依頼先選びは

大手だからとか、

地元で営む工務店だから安心ではありません。



計算結果を説明して見せてくれるところに頼みましょう。






無料プレゼント!


メールセミナーボタン1.gif








24時間換気計算

兵庫県の小さな平屋住宅(離れ)は

24時間換気計算書を作成しています。



24時間換気計算.jpg


24時間換気は建築基準法で定められています。



換気回数は 換気扇の換気量㎥/h を部屋の容積(床面積X天井高さ) で割り算すると

1時間あたりの換気回数が出ます。



住宅の居室は0.5回/h 以上に定められています。


計算結果は0.99回です。



1時間に部屋の空気がほぼ1回入れ替わる事になりますね。



窓を開けなくても吸気口と排気機により1時間に1回空気が入れ替わります。


留守中も換気が行われます。




コストも安く、メンテナンスも簡単なのは第3種換気方式で

自然吸気口と排気の換気扇による方法で、

洗面やトイレに設置した換気扇を24時間換気扇として利用する

事ができます。



吸気口から排気までの空気の流れを書いて、

居室の隅の方の空気が入れ替わりやすく考える事も必要です。



建具で仕切られた部屋がドアの場合、ドアの下10mm程を空かす

事でドアを締めていても空気が流れます。




無料プランボタン3.gif






ポーチにシンプルモダンなヒサシが付きました

岡山県のデザイナーズ住宅は足場を解体撤去後

玄関ポーチに住宅の外観フォルムをくずさない

シャープなデザインのアルミヒサシが付きました。




足場を撤去している様子です↓

津山の家足場撤去工事.jpg


横長の横滑りだし窓が都会的で洗練された外観になりました。




木目調の外壁材で張り分けた上部には屋上があります。





足場撤去後↓

津山の家足場撤去後.jpg



ポーチのアルミヒサシは出幅90cm 横幅180cmある大型で、

ポーチで傘を開いたり閉じたりできる余裕のスペースです。



津山の家ポーチヒサシ.jpg



大きく重量もあるので外壁工事の前に下地木材や取り付けボルトを

施工しています。



アルミ形材なので錆びずにいつまでも綺麗に使えます。



価格がもう少し安いといいのですが・・・



シンプルでカッコイイ住宅に似合うヒサシです。





たくさんの方が読まれています ↓

メルマガボタン4.gif



ロフトへの固定階段が付きました

通常天井裏になる余剰部分をロフトに使える設計を数多くしています。



小屋裏の空間を活かす事で1階や2階に部屋を追加するよりも

コストダウンできます。



ロフトへの上がり降りは使わない時は壁に垂直に掛けておけるハシゴ

で設計する事もあります。



ロフトのある家 設計事例 ↓

ロフト9.jpg


ハシゴの場合 

階段スペースがいらない事・固定階段よりも安くできる メリットがありますが

荷物を持って上り下りする事が危険・小さな子供さんが転落しないか心配

女性の方がスカートでハシゴを上がり降りできない等のデメリットもあります。




住宅全体のプランやお客様の希望によっても違ってくるので

どちらが良いかを決める事はできません。



注意が必要なのが建築確認申請を提出する時行政庁により

ロフトの基準が違う場合があります。



固定階段のロフトは認めないところもあります。



今回は固定階段でロフトに上り下りするプランですが

建築確認審査機関で事前にロフト扱いしてもらえるか

問い合わせしてOKを頂きました。



現在工事中のロフトへの固定階段の様子です。↓


ロフトへの階段.jpg


傷がつかない様に養生しています。


実際に現場で階段を上り下りしてみましたが使いやすくていい感じです。


さらに完成時には壁面に手すりを設置するので、安全です。



1階から2階への階段+2階からロフトへの階段 と

2階建て住宅ですが2つの階段がある家になります。



ちょっと贅沢なプランです。



階段の上部に窓を設けているので、明るく風通しもいいです。





無料プレゼントまだ貰われてない方はどうぞ !

メールセミナーボタン1.gif






大雨・台風後にお客様から感謝の言葉を頂きました


今年は台風や大雨の被害が全国で多いですね。


弊所が設計監理をさせて頂き3年を経過したお客様のお家も

避難指示が出された場所にありました。



ニュースを見ながらお客様のお家は大丈夫だろうかと心配していましたが



その後お客様から



「新庄さんに設計して頂いた家は頑丈で台風の強風や大雨でも全く

びくともせず なんの被害も無く大丈夫でした。

近所の人から、しっかりした家ですね、どこで建ててもらったんですか?

って

聞かれました。」




とお話されました。




私は本当に嬉しく思いました。



設計に4ヶ月工事に4ヶ月合計8ヶ月間携わり、とても儲けにはならない

仕事ですがお客様からの感謝の言葉を頂く事が本当に嬉しく

仕事にやりがいを感じるのです。




そのお客様から


「小さな作業室を別棟で建てたいので設計して頂けますか?
 
小さな物ですみませんが 新庄さんを信頼しているので・・・」



と新たな設計監理のご依頼を頂きました。



建物が大きいとか小さいとかは関係なく精一杯やりたいと思います。




安売りのハウスメーカーは1000万円以下で家が建てられると

低価格を売りに広告チラシを出していますが

評判は良くないですね。


クレームがいっぱいで裁判になってたりします。




設計図面は配置図と平面図と立面図の3枚程度しかなく

それで契約を迫ります。


見積は2日もあれば持ってきますが、細かな明細はありません。


手間をかけない事で人件費を削減してコストを下げ儲ける事に

特化したやり方ですね。



下請け業者は手間賃を削られ、丁寧な仕事をする時間も無く

きちんとした仕事をしたくても詳細な図面も無い・・・


クレームか起きて当たり前です。



弊所はお客様のご要望をお聞きして詳細な図面を作成します。

枚数はいつも40枚以上になります。

変更による図面の作成やお客様との打ち合わせ期間など

4ヶ月くらい手間がかかります。


でもそうして出来上がった図面は工事施工者が見れば、完成まで

工事内容が詳しくわかるので工事がきちんと行われます。


詳しい図面があると数社に見積を取っても比較検討がきちんとできます。



工事期間中は図面通り、適切に工事が行われているかお客様の立場で

現場検査を細かく行います。



完成後、大雨、台風でもクレームの無い家になりますね。




安売りのハウスメーカーの様に

本来しなければいけない事を人件費削減で省略してローコスト住宅を

作っても後から問題が起きるのは当たり前です。



安く家を建てたつもりが、後々問題が起きる家って結局は高く付き

気分も良くないですよね。



ホームページや広告チラシにはいい事ばかり書いてますが、ご注意を!



無料プランボタン3.gif

窓上に庇がある家

窓の上にヒサシのある家って少ないですね。


岡山のデザイナーズ住宅はシンプルモダンな住宅ですが

窓上にヒサシを設けています。


津山の家窓上庇.jpg


LIXILのスリムアートを採用しました。


現場施工のヒサシよりもスリムで外観もスタイリッシュです。


アルミ製で綺麗が長持ちしてサッシカラーと合わせられます。


出幅も選べます。



窓上にヒサシがあると

雨の日でも窓を開ける事ができ、夏の直射日光を適度に遮ります。



軒の出を深くするよりも、夏の直射日光を遮るには窓のすぐ上に

ヒサシを設けた方が効果があります。




冬は太陽の角度が低くなるので、部屋の中まで暖かい陽射しが入ります。




ローコスト住宅でも住む人の立場で、年中快適に過ごせるように

考えた設計って大切ですよね。





お問い合わせボタン5.gif







-  |  次の10件 »
Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます