ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg




●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg
-  |  次の10件 »

耐久性に優れランニングコストが少ない居心地の良い家を安く

ローコスト住宅って建物本体価格が安い家の事って思われている方が多いですね。


現実にハウスメーカーには500万円台の家とか700万円台の家とか1000万円以下の
規格住宅があります。


それはあくまでも基本本体価格であってその価格の中に含まれていない費用が必要で
住めるように完成するには基本本体価格の2倍近くだったりします。


工事に必ず必要な足場代や外部の給排水工事費用等も別途費用となってたりします。


建物床面積は小さく狭く窮屈でとても家族4人で暮らせるようなスペースではありません。


建物の仕様はこれ以上安い物を探すのが困難な程です。


仕様というのは

基礎や土台や柱等の構造部分の他に外装材・内装材・建具・断熱・設備機器等を明記したものです。

あるハウスメーカーの仕様です。↓

基礎は鉄筋やコンクリートが少なくて済む 布基礎
土台は腐りやすい米松
内装壁は量販タイプのビニールクロス
床は厚みが薄い7.5ミリのカラーフロア
外壁はすぐ色あせして汚れる14ミリ厚のサイディング
断熱材は断熱性能の劣る薄いグラスウール
給湯器は小さな壁掛け型のガス給湯器
キッチンやお風呂や洗面・トイレ等の設備機器も最低のもの


耐久性もなければ断熱性も無い 電気代等のランニングコストがかかる家ですね。




お家を建てられる時は建築費用のコストばかり考えがちですが

本当のローコストとはそうではありません。




ローコストとは

住宅のコストには、建築工事費をイニシャルコスト、
電気代・ガス水道代などのランニングコスト、
修理代・塗装修繕のメンテナンスコスト、
生活の変化に家を改修するコストなどがあり、

建築後何十年後かに解体されるまでにかかった全てのコストの総額を、ライフサイクルコストといいます。


建築工事費のイニシャルコストさえ安ければそれでいいですか?


安く建てても
メンテナンス費用がかかったり・夏は暑いし冬寒い居心地の悪い家でランニングコストのかかる家

耐久性に劣り早く建て替えなければならなく家っていいですか?



実際に住まれる方にとって、ライフサイクルコストが安くなるのが一番ではないでしょうか?



私は自分の家族に誇れないような家は設計したくありません。


耐久性・断熱性・品質に優れてランニングコストが少ない居心地の良い家をお勧めします。


「でもローコスト住宅ってタイトルになってるじゃない」とおっしゃられるかもしれませんね。


安くて悪い材料は使わずにローコストで家を建てる方法があります

その方法を詳しく知りたい方は今ご覧の弊所のWEBサイトの他に
各種の無料プレゼントで提供しています。↓


1 毎週土曜日に配信しています無料メルマガ お申し込み詳細はこちら ↓

メルマガボタン4.gif

2 メールセミナー全16回 お申し込み詳細はこちら ↓

メールセミナーボタン1.gif

3 無料資料請求 お申し込みはこちら ↓

資料請求ボタン2.gif




失敗したくない家創りの参考にされて下さい。





姫路市デザイナーズ住宅確認済証受領


年明けから工事着工予定の姫路市のデザイナーズ住宅は建築確認済証を頂きました。


姫路市デザイナーズ住宅 確認済証.jpg


年末年始は審査機関が休みとなるので、早く申請書類を提出しないと年内に審査が終わらず

来年になってしまうので休日返上で仕事をしていました。



建築確認申請と同時に優良な住宅基準(フラット35S 省エネルギー性) の申請もしていましたが

細かな審査の上合格となりました。




姫路市デザイナーズ住宅 フラットS.jpg


申請書には断熱性能計算書等を添付しています。↓

断熱性能等級は4が最も性能の良い家となります。

姫路市デザイナーズ住宅 断熱性能.jpg


夏は涼しく冬暖かくすごせる家になります。


休む間も無く忙しくしておりましたが、建築確認済みやフラット35Sの設計検査合格となりやれやれです。




メルマガボタン4.gif


予算に限りがあってもフラット35S省エネ住宅基準をお勧め


住宅会社にも色々ありますね。


780万円で家が建つと超ローコスト住宅で広告宣伝しているところもあれば、

価格は高いけれど性能にこだわったハウスメーカーもあります。



超ローコスト住宅で高性能の住宅なら、高性能が売りの大手ハウスメーカーには誰も

依頼しないはずですが・・・




弊所は建築設計事務所ですので、ご予算やご希望をお聞きして全く白紙の状態から

基礎や構造部材・サッシや断熱材・外壁・屋根・内装材・設備などを選択します。



高性能の家をご希望の方にはその様に設計します。




お客様の中には超ローコスト住宅の価格と同程度にしてくださいって方もありますね。



構造や性能や仕上げを自由に選択できるのですが、私は自分の家族に誇れない様な家は

設計したくありません




予算に限りがある方でも、フラット35 S 基準 省エネ住宅をお勧めしています。





フラット35基準は建築基準法レベルよりも耐久性に優れた良い住宅基準ですが、

フラット35のS基準は更に優良な住宅基準になります。


建築確認申請とは別にフラット35Sの申請書を審査機関に提出して細かく設計検査を受けて

合格した後に工事着工し完成時に完了検査を受けて適合証明書を頂いています。





フラット35 S 基準 省エネ住宅をお勧めする理由は

国が地球温暖化対策としてCO2削減の為に年々断熱性能や省エネを推奨しており

いずれ断熱性能の良い住宅が義務化になりそうだからです。



義務化になったとき、それまでに建てられた断熱性能を満たさない住宅は法律に適合しない

住宅となり価値は半減します。




又、フラット35S基準に適合した住宅はローン金利が安くなります。


仮に3000万円の借り入れ35年払いでシュミレーションすると

35年固定金利 1パーセントの場合 総支払額35,567,804 毎月支払額84,685

(住宅金融支援機構のフラット35S)


35年固定金利 3.5パーセントの総支払額52,074,257 毎月支払額123,987

(金融機関独自の固定金利タイプ)



総支払額の差は16,506,4535円です。



1650万円も違うともう一戸家が建てられそうな金額ですよね


期間限定ですが次世代住宅ポイントの一定の性能を有する住宅に該当してポイントがもらえ
商品と交換できます。



建築工事費だけ安ければそれで良いという方には超ローコスト住宅メーカーが
いいかもしれませんが、

永く住まわれるなら最低限フラット35 S 省エネ住宅基準をお勧めします。



★新築・リフォームの無料相談はこちらからどうぞ↓

お問い合わせボタン5.gif

岡山の家外壁工事

岡山市北区の注文住宅は外壁仕上げ工事をしています。

岡山の家サイディング1.jpg


清潔感のある白い外壁をお客様が選ばれました。


ポイントで一部ブルーの外壁を選ばれています。



外壁は通気工法で壁内の空気が入れ替わり湿気を溜め込みません。


湿気の無い壁は断熱性能が保たれて、構造材も長持ちしますね。



通気層は通気金具を用いて外壁を留め付ける工法なので外壁の上から釘打ちする事がありません。


岡山の家サイディング.jpg



釘頭が見えずに済、仕上がりが綺麗です。



14ミリ厚の安い外壁サイディングは釘留めで、釘頭にタッチアップしますが

いずれ釘が見える様になるのでお勧めしていません。



外壁工事や雨樋工事が完了してから足場の解体となります。




毎週土曜日に家づくりに役立つ情報を無料配信しています。↓


メルマガボタン4.gif









建物価格の比較は詳細な図面に基づいた見積が必要


建築設計事務所は建築主の要望を聞いて設計するので、内外装材や設備機器や外観デザインも一戸一戸違います。


設計事務所は建築工事を請負しません。



工事施工者の選定や工事費の見積書をチエックしたり、工事中設計図書通りに工事が

行われているかお客様にかわって検査します。



公共建築物はほとんどが設計者と工事施工者が分離されており、

設計図書に基づいて数社による競争見積により工事施工者が決まります。




詳細な図面に基づいそれぞれの建築業者が見積するので、使用材料も同じ内容で

比較検討する事ができる他、その競争原理で価格は1割から2割くらい安くなります。



過去に数社で見積を取った結果、見積の価格差が1000万円にもなった事例もあります。




最近の事例では35坪ほどの住宅ですが

お客様と設計監理契約を交わした後、打合せを重ねて詳細な図面を作成し

2社に図面を渡して見積を依頼しました。



1社はお客様が公的機関から紹介を受けられた地元の建築会社です。

もう一社は弊所が選定した信頼のおける建築会社です。


見積結果は、お客様が公的機関から紹介を受けられた地元の建築会社の方が

600万円以上高い見積でした。



お客様が紹介を受けられた会社1社に依頼していたら600万円損されるとこでした。

地元の建築会社だから安いとは限りませんね。



同じ材料・仕様で見積してもその会社の利益となる部分をどれだけ上乗せしているかで
大きく価格は違う物です。



弊所にお問い合わせされるお客様には

超ローコスト住宅の建物価格と比較しようと、新庄さんとこはいくらでできますか?


って問い合わせがありますが、


本当の注文住宅では無い規格住宅と構造から内外装仕上げ設備機器まて一つ一つ打合せを

重ねて設計図面を作成してから見積を施工会社に依頼する弊所と比較されようとする事に

無理があります。



建物価格を比較されるなら、全く同じ内容で見積をしなければ意味がありません。



詳細な設計図面を作成すれば、あなたが見積を取って欲しい建築会社と

弊所が選定した建築会社とで競争見積できます。



超ローコストの規格住宅しかやっていない建築会社に設計図面を渡して見積を

依頼する事もできますが、

決まった材料でしか建築していないローコスト住宅会社では設計図面通りの見積が無理かもしれません。





メルマガボタン4.gif



岡山のデザイナーズ住宅はエアコンスリーブを設置

岡山市北区のローコスト・デザイナーズ住宅はエアコンスリーブを設置しました。

岡山の家エアコンスリーブ2.jpg


エアコン本体は建築主様側で設置されますが

弊所では換気扇など外壁を貫通する部分と一緒にエアコンの取り付け用のパイプを設置しています。


断熱材を貫通した部分は放水テープを施しています↓


岡山の家エアコンスリーブ4.jpg


外壁の透湿防水シートを貫通した部分も同様に防水テープを張って雨水の侵入が無い様にしています。

岡山の家エアコンスリーブ3.jpg


断熱材や透湿防水シートの貫通まわりをきちんと隙間なく処理してから内装下地を張っています。

岡山の家エアコンスリーブ1.jpg



他社ではエアコン用のコンセントだけでスリーブを設置していないところが多いです。


住宅が完成してから家電量販店などに頼んでエアコンを取り付けしてもらうと

室内壁から外壁まで穴を開けますが、壁の中の断熱材も破れたままになります。



外壁側に透湿防水シートがありますが、そのシートも破れたままになります。



外壁仕上げ材の上からダクト貫通部のパテをしても内部の破れや隙間は直す事ができません。



断熱性能も劣るだけでなく、万一壁内に雨水が侵入した場合透湿防水シートの破れから

壁内に雨水が侵入して柱や土台の構造材は腐り、室内に雨漏りがします。





エアコンスリーブを設置しない住宅会社は建築主側でエアコン本体を取り付けるのだから、

雨水が侵入して早く住宅が不朽しても一切責任無いって考えなのでしょうか?




新庄一級綜合建築設計はお客様側で取り付けられるエアコン本体の機種が決まっていなくても

想定して後から取り付けしやすいエアコン取り付け下地からスリーブまできちんとしています。




大手の建築会社だから安心ではありません。

お客様の立場で設計監理してくれるところに依頼しましょう。




たくさんの方が読まれています ↓

メルマガボタン4.gif



最大85万円分国からもらえる制度


先日他社で新築住宅を建てられほぼ完成までになっている方が国からもらえる

すまい給付金や次世代住宅ポイントの事で相談に来られました。



新庄一級綜合建築設計は兵庫県西播磨地域で唯一の、すまい給付金・次世代住宅ポイント

の申請受付窓口で、申請書類のチエック等をして受付業務をしています。




諸条件がありますが、

すまい給付金が最大50万円、次世代住宅ポイントが最大35万ポイント国からもらえる

制度です。




すまい給付金の制度内容や申請方法などはこちらでご覧頂けます。
 ↓
http://sumai-kyufu.jp/


次世代住宅ポイントの詳細はこちらです。
  ↓
https://www.jisedai-points.jp/



相談に来られた方から

「家を建ててもらった建築会社に聞いても全く制度内容を知らないんです。」

との事でした。


建築確認申請書を持って来られて

「これで次世代住宅ポイントの申し込みができませんか?」

って言われました。


建築会社は確認申請手続きは設計事務所に依頼していますが、

「建築設計事務所に聞いても全くわからないと言われた」

と話されました。



次世代住宅ポイントは建築確認済証があればもらえるものでは無く

新築住宅の場合
一定の性能を有する住宅に該当する場合や家事負担軽減に資する設備の設置に
該当する場合等の要件があります。



すまい給付金も次世代住宅ポイントもそれぞれホームページに詳しく記載されていますので
ご覧頂けたらと思います。



ご相談に来られた方に詳しく説明をして申請用紙等もお渡ししましたが、

建築工事の依頼先や建築会社から確認申請の依頼を受けた設計事務所もその制度内容を

知らない事に不満を持たれていました。



建築工事に着手する前であれば次世代住宅ポイントの一定の性能を有する住宅が

建てられたのに、もうすでに完成近くの状態まできているとどうしようもありません。


国から最大35万ポイントもらえてポイントは各種商品と交換できるのにもったいない

ですね。



きちんと勉強している工務店もあると思いますが、

地元の工務店だから安心、一級建築士の免許を持っている設計事務所だから

安心ではありませんので注意しましょう。




お問い合わせボタン5.gif

断熱性能の良い家 岡山県注文住宅

岡山県北区で建築工事中の注文住宅は断熱性能の良い家です。


今、申請受付中の次世代住宅ポイントで30万ポイントもらえ

商品と交換できます。




工事中の様子です。↓


岡山の家屋根断熱材.jpg


外気に接する部分に高性能グラスウールを施工しています。



建築地は準防火地域で防火構造としなければならない地域ですが

グラスウールは燃えない素材です。



天井裏に断熱材を敷き込む工法が一般的ですが、屋根断熱として

天井裏に夏の暑い空気や冷たい空気を溜め込まない設計としています。





岡山市のO様邸は建築確認申請とは別に、きちんと断熱性能の計算書を添付申請して

フラット35S省エネルギー性の設計審査に合格しています。




断熱性能計算書.jpg



公的機関の証明書があると、国から補助がもらえるだけでなく

住宅の価値もアップしますね。



現場で設計図通りの断熱材が使用されているかチエックしました。

岡山の家断熱材.jpg


断熱材の種類はたくさんあり、厚みが同じでも性能は異なるので

注意が必要です。


岡山の家断熱材1.jpg



プレゼント!

メールセミナーボタン1.gif


小さな平屋のはなれ

新築住宅を建てる時には現在の家族構成を考えた部屋数や間取りを考えて建てられますね。


でも何年か経過すると新築時にはこれで良いと思っていたお家ですが

趣味の部屋が欲しいとか、家族に気兼ねなく友達が遊びに来れる部屋が欲しいとか

思うようになるものです。



一部屋にトイレとミニキッチン程度の平屋のはなれを建てたいと思ったときの

依頼先はどこにされますか?



ハウスメーカーは規格住宅がほとんどで、自分が思うコンパクトな別棟ってありません。


大工さんがメインの工務店は小さくても対応してくれますが、

きちんと工事してもらえるだろうか心配・・・って方もありますね。


建築設計事務所にはマンションや公共建築物などの大きな建物しかしないところも

ありますが、弊所は小さな平屋のはなれも大歓迎です。



兵庫県のS様の小さな趣味の部屋の設計事例です ↓

平屋杉板張り.jpg


壁紙貼り分け.jpg


平屋はなれオープン棚.jpg

おもやの設計依頼を頂き完成して3年後にはなれの設計依頼を頂きました。


建物が大きいとか小さいとか関係なく同じ方から2回も設計依頼を頂ける事に大変嬉しく

思いました。


おもやの完成から現在までに台風や大雨に見舞われましたがなんの被害も無く、

近所の方から「しっかりした家ですね、どこに頼まれたんですか」って聞かれた

そうです。


工事施工者まかせでは無く、工事中何度も現場に行って工事が適切に行われているか

チエックしたり施工者に指導している結果です。


クレームだらけの家だったら2回も設計依頼をいただけませんよね。



建築設計事務所に頼むと設計費用が余分にかかるから、工務店に頼んだ方が安いのでは

って思われる方もありますが、そうではありません。



私は建築会社に勤めていたとき、設計見積無料と言いながらその経費は工事費に上乗せ

していました。



設計も施工も同じ会社内でする場合、工事をチエックする機能が薄れますが、

設計と施工を別にする事で設計者は建築主の立場で工事をチエックする事ができます。


又、詳細な設計図面があれば工事見積は複数の施工会社に依頼して比較検討する事もできます。


メリットは沢山あるのですが、まだまだ理解してもらえないのが現実ですね。



お問い合わせボタン5.gif


岡山市注文住宅 住宅瑕疵保険躯体検査

岡山市の注文住宅は住宅瑕疵保険の躯体検査を受けて合格となりました。

検査には現場担当者の他、設計者の私も立ち会い検査しました。


住宅瑕疵保険の検査は基礎配筋時にも受けて合格しています。


岡山の家躯体検査.jpg


躯体検査は耐力壁の状況や金物の種類や取り付け状況、構造材の接合状況

屋根の防水状況など設計図書との照合や適切に工事が行われているか検査されます。



私は住宅瑕疵保険の検査員ですが自ら設計した者が住宅瑕疵保険の検査員として

検査して処理する事は禁止されているので、利害関係の無い第3者の検査員に

検査して頂きました。



もちろん私も検査しているのでダブル検査員チエックとなります。



住宅瑕疵保険の検査に合格した建物は工事完了時に保険証券が発行され

構造躯体や雨水の侵入を防止する部分に10年間の保証が受けられます。

さらに10年後に延長保証制度もあります。




ただ住宅瑕疵保険の検査は工事着工から完成まで細かく検査するものでは無いので

建築主の立場に立つ設計者は工事施工者側とは別の視点で完成まで監理を行います。


そうすることで工事施工者任せの住宅よりも品質が高まります。





メールセミナーボタン1.gif

-  |  次の10件 »
Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます