エコキュートで給湯エネルギーを削減 - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

エコキュートで給湯エネルギーを削減


住宅の消費エネルギーの中で給湯の消費エネルギーは27.8%だそうです。

(資源エネルギー庁エネルギー白書2016)




3割近い部分がお風呂やシャワー・洗面・キッチンなどのお湯を沸かす

エネルギーに使われているんですね。





エコキュートはヒートポンプ技術で空気中の熱を有効活用して実際の電気の3倍

以上の熱エネルギーを生み出す効率の良い仕組みです。




夜間の安い電気を利用してお湯を沸かすので電気代が少なくて済みます。





エコキュートの場合、給湯にかかる電気代が1日約70円程度になる試算が関西電力

より出ています。





1日70円程度で済むなら光熱費が削減できますよね。



ランニングコストがローコストになります。



デメリットは

夜間の給湯器の音やお湯を貯めて置くので本体設置スペースが必要になる事です。





薄型タイプもありますが、370L・460L のお湯を溜める本体の置き場を考えて

おく必要があります。





敷地に余裕が無い場合、エコキュートを置くと人が建物の横を通る事が

出来なくなる事があります。




あらかじめエコキュートの寸法を確認しておいて、建物計画で設置スペース

を計画しておくと困りません。



設計事例 ↓
エコキュート.jpg



お家のプランは各部屋の間取りや大きさばかり考えがちですが、

設備機器の設置スペースも一緒に考えておきましょう。




しらなければ損をする家造りのノウハウを無料メルマガで毎週土曜日に配信しています↓


無料メルマガ2.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます