来年からの新築計画はしない方が良い - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから



●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

来年からの新築計画はしない方が良い


住宅の新築計画ってローンで建てる場合でも建築工事費や土地代金の

費用が大きいのですぐ決断できずに、ズルズルと先伸ばしになりませんか?



自己資金を貯めてからと思っても、毎月の家賃や生活費が必要なので

なかなか貯金できません。




来年2019年10月には消費税率が10パーセントに引き上げられる予定です。




建築工事は2019年10月までに完成引渡しをされたものなら8パーセント

ですが、それ以降になると10パーセントになります。



あるいは2019年3月31日までに工事請負契約をされた場合は8パーセントとなりますね。




建売住宅を買うなら間に合いますが、


まず土地探しからはじめて、注文住宅の依頼先を決めたり、どんな家にしようか

プランを検討したり、見積価格とローンの支払額の検討やローン審査 など


相当な期間が必要になりますね。




来年から新築計画に着手しても間に合いません。




消費税率がアップするときって、駆け込みで大工さんも不足します。



よく使われる断熱材やボード等の建材が不足して手に入らない事も

過去に消費税アップの時にありました。




工務店さんは、1年前には請負契約をして来年はこの現場の工事をするって

予定をすでに組んでいるものです。




工事着工数ヶ月前に工務店に見積依頼をしようとしても、年内は仕事がいっぱいで

大工の手配ができない状態なのでお断りしますと言われる事もよくあることです。




仕事がなくて困っている工務店なら見積してもらえますが、そんな工務店は

評判の悪い工務店になってしまいます。





仕事も丁寧で価格も安く評判の良い工務店ほど早く建築予約が入っているものです。




新築計画の着手が遅れる程不利になります。



8パーセントが10パーセントに上がってもかまわないと最初からお考えでしたら

来年からの計画スタートでもいいですが、



税率アップになる前に新築されたいなら、今すぐ行動に移される事をお勧めします。




2パーセントの税率アップでも建築工事費って総額が大きな金額なので

その差額も大きくなります。




来年からの新築計画をやめて、今からスタートしませんか?




お問い合わせボタン5.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます