固定資産税のかからない建物 - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから



●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

固定資産税のかからない建物



少し前に役所から固定資産税の調査に行きますって郵便が我が家に届きました。


書類には航空写真のコピーが添付されていて、調査対象の建物を示されていました。


ドキっとしますね。


固定資産税を建物を建てた時にさかのぼって払わなければならなくなるかも・・・


って頭をよぎります。




その建物は私がDIYで建てた物で8帖くらいの物置です。


建物の登記もしていません。




その後調査に役所から2人来てその物置を見たのですが、


非課税となりました。




固定資産税がかかる建物の要件をその調査員に聞くと、


基礎があって土地に定着している物。


屋根があって三方向以上壁や建具などで囲まれている物。


は課税対象ですって。





私がDIYで作った物置はプロックの基礎があり、

2方向は壁がありますが、残り2方向は壁の無い物だったので非課税となったのです。




車庫を計画される場合、固定資産税のかからない物にされてはいかがでしょう?




住宅は人が生活する為に断熱性や快適性が求められますので、工務店できちんとした

建物を作ってもらう必要がありますが、車庫なら気にしなくてもいいですよね。




大工さんに建ててもらわなくても、既製品もいろいろあります。




建築工事費って職人さんの人件費のウェイトが大きいものです。



既製品なら現場組立の手間が少なくて工事費は安くなります。




既製品でも

3方壁でシヤッターを付けた車庫は固定資産税がかかりますが、

2方向壁の無いオープンな車庫なら非課税です。




固定資産税って毎年かかりますから、積み重なるとバカになりません。





非課税の車庫 設計事例 ↓


車庫.jpg


4方向壁が無い事例ですが、車庫に物を置きたい場合には一部、壁を

作る事もできます。



物の盗難防止には鍵のかかる、組み立て式の物置もありますね。



参考にされて下さい。




無料プレゼント!

メルマガボタン4.gif




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます