いろんな内装仕上げができるプラスターボード張り - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから



●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

いろんな内装仕上げができるプラスターボード張り

岡山県津山市で工事中のローコスト・デザイナーズ住宅は

壁・天井にプラスターボードを張っています。



張る前には床と壁の取り合い部分や壁と天井部分に

隙間なくしっかりした木材を先に入れています。

津山の家壁下地.jpg


下地をきちんとする事で隙間風が入ってくる事もありません。


断熱性能も高まります。


津山の家壁P,b張り中.jpg


壁は12.5mm厚さで天井は9.5mm厚さを使用しています。


マンションでは9.5mmの物を壁に使っていますが、

薄いプラスターボードはそれだけ衝撃に弱いです。



仕上がると分からなくなりますが、下地を薄くして価格を下げる

様な事はしたくありません。



壁はしっかり丈夫な12.5mmしか使った事がありません。



プラスターボードは燃えない内装下地材なので火災にも安心です。


熱伝導率が低く冷暖房の熱を逃がさず断熱効果がアップします。


仕上げは壁紙張りや漆喰や珪藻土の塗り壁やペイント仕上げもできます。





細かな間隔でしっかりビス止めしています ↓


津山の家天井工事中.jpg



ビス部分や継ぎ目部分はさらに、パテ処理して平滑にしますので

空気が漏れる事もありません。



壁や天井の下地工事中って見栄えがしないので興味の無い方が

多いかと思いますが

完成すると見えなくなる部分の方が建築工事は大切です。



工事施工者任せでなく、建て主の立場で現場を確認してくれる

設計事務所に依頼される事をおすすめします。





お問い合わせボタン5.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます