ロフトへの固定階段が付きました - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから



●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

ロフトへの固定階段が付きました

通常天井裏になる余剰部分をロフトに使える設計を数多くしています。



小屋裏の空間を活かす事で1階や2階に部屋を追加するよりも

コストダウンできます。



ロフトへの上がり降りは使わない時は壁に垂直に掛けておけるハシゴ

で設計する事もあります。



ロフトのある家 設計事例 ↓

ロフト9.jpg


ハシゴの場合 

階段スペースがいらない事・固定階段よりも安くできる メリットがありますが

荷物を持って上り下りする事が危険・小さな子供さんが転落しないか心配

女性の方がスカートでハシゴを上がり降りできない等のデメリットもあります。




住宅全体のプランやお客様の希望によっても違ってくるので

どちらが良いかを決める事はできません。



注意が必要なのが建築確認申請を提出する時行政庁により

ロフトの基準が違う場合があります。



固定階段のロフトは認めないところもあります。



今回は固定階段でロフトに上り下りするプランですが

建築確認審査機関で事前にロフト扱いしてもらえるか

問い合わせしてOKを頂きました。



現在工事中のロフトへの固定階段の様子です。↓


ロフトへの階段.jpg


傷がつかない様に養生しています。


実際に現場で階段を上り下りしてみましたが使いやすくていい感じです。


さらに完成時には壁面に手すりを設置するので、安全です。



1階から2階への階段+2階からロフトへの階段 と

2階建て住宅ですが2つの階段がある家になります。



ちょっと贅沢なプランです。



階段の上部に窓を設けているので、明るく風通しもいいです。





無料プレゼントまだ貰われてない方はどうぞ !

メールセミナーボタン1.gif






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます