建築用語 - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg




●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

道路中心後退


土地を購入するときに道路が狭い場合がありますね。



道路幅員が4m以下の建築基準法上の道路の事を法42条2項道路って言います。



42条2項道路は道路中心線から2m後退する必要があります。

(道路の反対側が河川・崖地等の場合は反対側から4m後退しなければなりません。)



購入する土地が自分の物になっても後退部分は自由に使えません。



2mの道路幅で中心から2m後退する場合1mの部分は自分の土地なのに

住宅が建てられないだけでなく、軒先を後退線内に収めなければならない他、

門・塀を作ったり給湯器を設置する事もできません。




市街地では土地価格も高いですが、後退部分が使えない事を理解した上で購入する

必要がありますね。



その分土地価格が安くなっていればいいのですが・・・





狭い道路は建築工事にも影響します。


レッカーや生コン車や大型ダンプ等が通れない道での建築工事は工事費が割高

になってしまいます。



住宅完成後も自分の車の出入りや通行に支障もありますね。



不動産業者さんって重要事項説明書で説明義務がありますが

土地の仲介や販売をする仕事ですから、具合の悪い事って言わないですね。



これから土地を買って住宅を建てたい方は、4m以上ある道路に接している

敷地を選ばれる事をお勧めします。




建築工事費がいくらでできますか?

って ご質問がよくありますが、建築工事費は敷地条件によって変わるものです。



工事しやすい道路幅や上下水道の引き込みの有る無し、地盤の状況等によっても

工事費は増減します。



建築確認だけでなく、他法令による許可申請を必要とする敷地もありますので

購入前によく調査する事が必要です。




新庄一級綜合建築設計では

検討中の土地を見て欲しいって方のご相談や

中古住宅を購入したいが見て欲しい等のご相談も受付しておりますので

ご利用下さい。




お問い合わせボタン5.gif



建築基準法の採光計算


住宅の居室は建築基準法でその部屋の床面積の1/7以上の採光に有効な窓を

設けなければならない事となっています。




居室とは

建築基準法上、居住・執務・作業など目的のために継続的に使用する室で、

リビング・ダイニング・和室・寝室などは居室ですが、

トイレ・洗面室・浴室・廊下・玄関・納戸などは居室とはみなされません。




採光上有効な窓は計算方法が定められており窓の面積X採光補正係数が

有効採光面積となります。



採光補正係数の計算方法も定められていて、具体的な計算方法はややこしくなるので

今回は省略させて頂きますが

住宅の軒先から敷地境界線までの距離と軒先から窓中心までの距離が関係してきます。




お客様には自分で間取り図を書かれる方もあるのですが、敷地境界いっぱいの

軒先で採光が建築基準法上取れないプランだったりします。





隣の敷地に建物が建っていないから光が入るって思われているのですが、

今は隣に建物が建っていなくても、将来2階建てや3階建ての建物が建つかも

しれません。




建築基準法の採光計算は隣地に建物が建っても採光が確保できる様に

考えられています。




道路や河川などが敷地境界の場合は将来建物が建つことが無いので

軒先から境界線までの距離が広く無くても採光に支障ありませんが

自分の土地だから境界ギリギリまで計画すると法に適合しない住宅となる

だけでなく、陽が当たらない部屋となり不健康な住宅となります。




陽が当たらない部屋はカビやダニがいっぱい繁殖します。


その為人が病気になるかもしれません。





リビングや子供室などは一日一回は陽が当たるようにする他、隣地に建物が建っても

採光が確保できる空地を設けるように計画するべきです。




ご自分でプランを書かれる方って自分の思い入れが強い方があり、

私が法的に無理な事を説明したり提案しても、自分の思い通りの設計を

してもらえないと思われる方があるので困ります。




プランはプロに任せて頂ければ、法的・構造上・予算や外観デザインなど全てを

同時に考えながら設計しますので、ご要望は部屋数や予算程度であまり細かく

指定されない方が良い家になりますよ。




私はご要望以上に喜んで頂ける+αのご提案をさせて頂きます。


プランを提示後に、さらに変更修正をして最終図面作成となります。





新築・リノベーションのご相談はお気軽にどうぞ↓

お問い合わせボタン5.gif




GLとは

設計図にGLって書きます。


建築に携わる者なら誰でもGLってわかると思いますが、

お客様には全くわからない記号の様です。



GLとはグランドラインのことで、仕上がりの地盤面の事です。



前面道路の高さでもありませんし、現況の地盤面でもありません。



道路と敷地がほぼ同じ高さの場合、

敷地に接する道路や道路側溝よりも弊所は建築する敷地の仕上がり

地盤面GLを10センチ程度高くしています。




そうすると雨水は道路側溝の方に流れて、敷地に雨水が溜まること無く

敷地の湿気対策にもなります。





車庫部分などはスロープで高くして車の出入りがしやすくしています。



駐車.jpg



建築する敷地と道路の高さはそれぞれ違いますが、

敷地の雨水排水を考慮したり、出入りのしやすい敷地の仕上がり

高さを考えて基準高さを設定する事を、現場でGLを決める作業と呼んでいます。




弊所ではお客様と現地で立ち会いの上、仕上がり地盤面高さGLを決めています。



設計図面にはGLからの建物高さ等を記載していますが現況地盤面

では無い事にご注意下さい。



無料プレゼント!


無料プランボタン3.gif





910モジュールとメーターモジュール

自分で間取り図を作成される方がありますね。


それを提示して見てくださいって言われるのですが

寸法の記載が無くスケールで測ると 

910モジュールなのかメーターモジュールなのかわからず困る事がありますね。



それで910モジュールでしょうか ?


って尋ねると 「そんな専門用語言われても素人にわかりません。」


って言われたりします。



910モジュールは柱や梁が910mm間隔で入る木造住宅の基本となるものです。

メーターモジュールは1メートル間隔になります。



市販の建材は910モジュールかメーターモジュールで作られているので

モジュールに沿ったプランは材料を切り捨てる事が少なくて済、

ローコストになりますが、1200とか1300とかの寸法を指定されると

材料は1枚では足らず2枚必要になり余った材料を他で使えなくなり

処分する事になりますが、処分する分も材料代として必要になり

コストアップとなります。




建材には壁や床の下地材・仕上げ材・内外部の建具などいろんな物が

910モジュール用の物とメーターモジュール用の物があります。



910モジュールの8帖の部屋は柱芯で3640mm四角

メーターモジュールなら8帖の部屋は柱芯で4000mm四角

となります。



狭い敷地で部屋数を多く取りたい場合には910モジュール

部屋数は少なく広い敷地で各部屋を広く取りたい場合には
メーターモジュールがお勧めです。



関西の古民家に住んでおられた方が910モジュールの家に住むと

同じ8帖の部屋でも狭いって言われると思います。



関西間と言って8帖の部屋の柱芯が3925とか3940の寸法なので

メーターモジュールの方が住み慣れた部屋の広さに近いです。



910モジュールは関東間とも言います。

関東間に住まれていた方なら910モジュールで違和感がありません。




お客様の方から私の家はメーターモジュールで設計して下さいって

言われる方もあるのですが



モジュールって言葉を使うと専門用語で難しい事を言う設計事務所だと

言う人もあり困ります。



良く勉強しておられる方とそうでない方の差がある事を実感して

建築用語を解説した方が良いかもと思い、ブログで解説している次第です。





安くて良い家を建てたい方に↓

メールセミナーボタン1.gif






屋根勾配

お客様と打合せする時、屋根勾配は3寸勾配ですって説明しても

理解してもらえない方がありますね。




建築に携わる者なら知っていて当然の事でも一般の人には

専門用語で難しい事を言う人って思われたりします。



角度が何度なんですかって言われる人もあります。



そこでスケールで1メートル水平に伸ばして垂直に30センチの高さを

取って斜めに結ぶと三角形の斜面ができる事を説明しています。



それを見るとお客様はイメージが沸くようです。



3寸勾配の片流れの家 ↓

ソーラー発電.jpg


1寸勾配の屋根 ↓

杉板鎧張り.jpg


屋根勾配は使用する屋根材により、最低必要な勾配があるので自由に
なるわけではありません。


瓦屋根は4.5寸勾配以上必要です。

K様邸外観.jpg


瓦の様に1枚1枚並べて留めつけていく物は緩い勾配にすると雨漏りします。

K様邸屋根.jpg


ガルバリウム鋼板の縦葺きの場合水上から水下まで1枚物なので
緩い勾配でも雨漏りの心配がありません。


高耐食性塗装鋼板.jpg



お客様がイメージする外観デザインに合わせて屋根の選択や勾配を設計しています。



無料プレゼント!

メールセミナーボタン1.gif



Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます