建物の坪単価・住宅の価格 - ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山

1000岡山の別荘.jpg

兵庫・岡山で家づくりのことならお気軽にお問い合わせ下さい

ローコスト住宅 デザイナーズ住宅 注文住宅 リフォーム
建築設計・監理
施工例4.jpg

施工例3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄) 090-3992-3364  受付/9:00~19:00

施工例2.jpg

施工例1.jpg

住宅の概算見積は実際の工事価格で


よく、建物の構造内容や内外部の仕上げや設備機器等、

全く決まっていない段階で工事費総額はいくらでできますか?

って聞かれます。




弊所はハウスメーカーのように規格住宅ではありませんので、

坪単価○○万円での見積はありません。



ハウスメーカーはあらかじめ決められた構造や内外部の仕上げ・設備機器

で坪○○万円と計算しています。



ただ注意しなければならないのが

標準仕様や基本本体価格が最も安い仕様になっている事があり、

別の物を選べばオプションやアレンジ工事と言った名前でどんどん

価格がアップします。



基本本体価格は35坪以上の場合○○万でもそれが20坪台だと高くなります。


建物面積が小さくなれば坪単価は高くなるのです。



当初の見積が安いと思って契約してその後詳細な内容を知ると

変更せざるを得ない事となり結局は最初の価格の1.5倍から2倍に

なったとのお話もお聞きします。




弊所は概算で良いので見積してくださいと言われても、

具体的な内容を打ち合わせさせて頂き

図面を作成してからでないと見積できません。



見積は柱がヒノキで何本必要だから価格がいくらといった具合に

それぞれの材料を積算して数量に単価をかけ算して金額が出ます。



図面無しではそれができませんね。



ハウスメーカー等は設計見積無料と言ってますが、

図面は配置図・平面図・立面図しかありません。



いいかげんなどんぶり勘定だから見積できるのです。




弊所は概算見積でも、見積内容がハッキリわかる見積を提出します。

そのままお家が建てられて住める状態になる見積書です。



オプションやアレンジ工事等の追加費用はありません。


きっちりした見積を提出しますので時間や労力がかかります。



見積は正式に設計契約をしていただき、一部ご入金後となりますが

見積価格が予算オーバーの場合や予定よりも余裕がある場合、

再度修正図面の作成や見積をし直してご予算に合うように

しております。

無料プレゼント!


無料メルマガ2.gif

坪単価は建築価格の比較にはならない


お客様から坪単価いくらで家ができますか?

って聞かれる事がよくあります。


それでざっと過去の建築総工事費実績を踏まえて

坪50万円くらいですって答えると、


お客様は住宅会社のチラシを出してきて、ここは坪単価30万円

です、新庄さんとこは高いですねって言われます。



困ったものです。



お客様は坪30万円なら50坪の家が1500万円で住める状態の家に

完成するんだと思われているのですが、


その住宅会社の坪単価は建物基本本体価格なのです。



住宅会社の本体価格には

外部給排水工事も含まれていません。


水道や下水の引き込み接続費用も別に必要です。


工事する為に必要な足場代等の仮設工事も含まれていません。


基礎工事で出た残土処分費や地盤調査費用も含まれていません。


おまけに現場監理費用まで別途になっています。



要するに基本本体価格だけでは家が完成しないのです。




基本本体価格の屋根材・外壁材は最も安い物の設定でそれ以外は

別途追加費用がかかります。



内装材も同じことです。



設備機器もトイレは1ヶ所のみが基本本体価格で2階にもトイレを

付ける場合は標準外工事で追加費用がかかります。



キッチン・浴室・洗面・給湯器などもそれよりも安い物を探すのが

困難な程の品物です。





坪単価の計算は通常なら建物総工事費用÷延床面積の坪数ですが

延床面積の坪数ではなく工事面積の坪数になっている場合があります。




ポーチやベランダなど床面積に建築基準法上算入しない部分がありますが

それらを含めて工事面積としているようです。



建物金額を大きな面積で割り算すると坪単価は安くなりますよね。




坪単価を安く見せかけて、お客様を引きつけておいて

後から追加工事費用やオプション費用を取る建築会社と


最初から建物工事費総額での坪単価をお客様に言う

新庄一級綜合建築設計とあなたはどちらがいいですか?



ちなみに弊所の建物工事費総額から住宅会社が言う基本本体価格

に直してみると安く見せかける住宅会社よりも安くなりました。



新庄一級綜合建築設計では

お客様のご要望をお聞きしてプランを作成し、

内外装や設備機器等も決めて頂いた時に坪いくらではなく

細かな見積書を作成してお客様に検討していただき、

ご予算に合うように再度検討調整をしています。



無料プレゼント!


無料メルマガ2.gif


安い住宅価格や坪単価に注意しましょう

新築住宅が600万円?


ネットでローコスト住宅1000万円以下って検索すると
新築住宅が600万円だとか700万円等いっぱい出てきますね。


新築住宅が600万円でできるなら私もその会社に頼みたいって思います。


安い家を建てたいとローコスト住宅メーカー数社で見積もりを取られた兵庫県のT様
からお問い合わせがあり、ご自宅にお伺いしてお話をお聞きして見積書を
見せて頂きました



その見積書には


建物本体工事が約650万円でも合計金額は約1200万円となっています。


建物本体工事には仮設足場や水道・電気・トイレ・現場監理費・地盤調査費
外部給排水電気工事・建築確認申請費用などが含まれていません。


合計1200万円の見積書にはカーテンや照明器具・外構などが含まれていません
から住まわれるにはそれ以上に必要になります。


建物本体価格とか基本価格に住めるように完成する費用を含めなければ
ならないといった決まりがありませんから
建物本体価格っていくらでも安くなりますね。



延床面積は18坪

別途必要な工事を含まず坪単価を計算すると坪単価約67万円です

屋根はスレート、基礎は布基礎・アルミサッシは単板ガラス・
外壁断熱材はグラスウール50ミリ
土台・大引は米松、内装床材はシート張りの7mmフロア
キッチンはL2100ガスコンロ・給湯器は壁掛け型ガス等


もうこれ以上安い材料を探すのが困難な程です


断熱性も低く、構造上も耐久性に劣り、設備機器や内装材も
安かろう悪かろうの物ばかり・・・

内容を見てうんざり


とてもその会社に頼んで家を建てたいという気がしません。


大手住宅メーカー数社で見積を取られていたT様は結局
大手メーカーを断り

家づくりの依頼先を新庄一級綜合建築設計に決められました。



新庄一級綜合建築設計は

◎住宅メーカーのように安く見せかける広告やパンフレットはありません。


◎住宅メーカーと同じ内容ならそれよりも安くできています。


◎自分の家族に誇れない家は建てたくない。


◎規格のプランや標準仕様はありません。すべてお客様のご要望により

外観や間取りも仕上げ材料もキッチンやお風呂等の設備機器も検討して

自由に選んでいただけます。



◎コストダウンは安い悪い材料を使うのでは無く、設計上の工夫や、競争見積、

一部DIYでお客様に家づくりを楽しんでもらう事でローコストのお家を

お客様と一緒に考えながら創っています。




地盤調査から基礎工事、木材の種類、等完成すると見えなくなる

工事中の様子もブログに掲載していますのでご覧下さい。



★安い価格や坪単価にご用心を




無料のプレゼント↓


★無料プランサービス
詳細はこちら

無料プランサービスのお申し込みはこちらから



にほんブログ村
↑応援クリックありがとうございます


建築工事費は敷地状況によって変わります

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑応援クリックありがとうございます


今回は建築工事費についてです。


お客様の中には建築される予定地が決まっていない段階で
いくらでできますかって聞かれる方もあります。


住宅会社によっては規格のプランでこのタイプだと基本本体価格
が○○○万円ですって話を進める場合があります。


お客様はそれで住めるようになるって思われますが、最終の見積もりは
もすごく高くなる場合がほとんどです。




建築される敷地はそれぞれ違います。


敷地周囲にコンクリートの擁壁を作り、宅地造成工事が必要な場合
もあります。


水道や下水の引き込み、雨水の排水、浄化槽の設置、地盤補強工事が
必要な場合もあります。


既存の建物の解体費用がかかる場合もあります。


法律により敷地の半分までしか建てられない場合や、建物の高さ制限が
あったりします。



いろんな敷地条件によって住めるように工事する為の費用がそれぞれ
違ってきますしプランも大きく変わってきます。




私はプランや見積もりは建築される敷地を見せて頂いてからでないと
できません。



相当大きな敷地ならどんなプランでも可能でしょうが・・・



見積もりもたとえば、外部の給排水工事の見積もりをする為には
敷地に建物の配置を決めて、
排水管が何メートル必要か、水道配管の長さがこれだけ必要といった数量
を出して工事費が出ます。



それをせずに外部給排水工事一式いくらって書いて見積書を提出してくる
建築会社もありますが、どんぶり勘定で損しないように高い見積もりを
出してきます。



建物の本体価格として安い金額でお客様を引き付けて、それ以外に必要な
工事部分に上乗せしているようです。




時々お客様が他社の広告チラシの価格と私の見積もりを比べて高い
ですね、って言われる方もありますが価格にどこまでの工事を
含んでいるかを調べておられません。



内容からすると私の見積もりの方がはるかに安いのに・・・・


困ったものです。



やっぱり大手は知名度では信用がありますが、

小さな設計事務所は信用できないでしょうか?



でも一部の方は大手住宅メーカーを断わってでも私に

大切な家づくりを任せて頂いています。





●ローコスト デザイナーズ住宅は兵庫の建築家・設計事務所 新庄一級綜合建築設計にご相談下さい。

お問い合わせご相談はこちらから↓

http://form.mag2.com/crouniasta


無料のプレゼント↓

★無料メルマガ しらなければ損をする家造りのノウハウを毎週1回配信
詳細はこちら

無料メルマガお申し込みはこちらから


建物本体価格建にご用心

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑応援クリックありがとうございます



よく住宅会社の広告が入ります。


間取りや、面積、価格も書いてあります。

そこそこ大きな建物でこの価格は安いって思ってよく見ると、

建物面積は建築基準法てで定められている床面積ではありません。


工事面積とか、施工面積って書いてあります。

ベランダやポーチ、吹き抜けも面積に入っています。

建物金額 / 坪数 = 坪単価

てすが法で定められた床面積ではなく大きな面積となる工事面積で割り算

すれば坪単価は安くなります。



次に建物本体価格ですが、

実際にその会社で見積もりを取られたお客様から見積書を見せて頂いたのですが

建物本体価格の他に外部給排水、仮設トイレ、足場、工事監理費、残土処分費

水道の引き込み、浄化槽工事、建築確認申請費、地盤調査費、設計料、

水道分担金、消費税と記載されていました。


照明、カーテン、エアコンは別途となっています。



総額は建物本体価格の約2倍で、坪単価は約60万円となっていました。



上下水道の引き込み外部給排水工事は敷地によって違うので建物本体価格

に含まれていないのは理解できますが、工事に必ず必要な足場や工事監理費

なども含まれていないっていかがなものでしょう?


安いと思わせる仕組みです。



広告を見て安いと思って住宅会社数社で見積もりを取られたお客様は

最終的に新庄一級綜合建築設計で家を建てる事に決められました。



お客様の中には建物本体価格で完成して住めるようになるって思われていて、

あそこの住宅会社は○○○万円・坪単価○○万円ですけど新庄さん

ところはいくらでできますか? って比較しようとされます。



新庄一級綜合建築設計は坪単価いくらのお家は創っていませんし、

建物本体価格っていう言葉すら出てくる事もありません。



お客様と住宅に使われるすべての材料や建具、設備機器も打ち合わせ

して決めて、その結果建物総額が決まります。



オプションや別途工事はありません。



ちなみに安く見せかける住宅会社と全く同じ仕様ならそれよりも

安くできますが、とてもお勧めできるような内容ではありません。



★新築・リフォームの無料相談はこちらからどうぞ↓

http://form.mag2.com/crouniasta


無料のプレゼント↓

★無料メルマガ しらなければ損をする家造りのノウハウが満載
詳細はこちら

無料メルマガお申し込みはこちらから


電気料金値上げで住宅価格も・・・

今日の朝日新聞を見ると、

関西電力は26日、家庭向けで平均11・88%の電気料金値上げを政府に申請したそうです。

認可がいらない企業向けの値上げ幅は平均20%弱で、ともに来年4月実施を目指すようで

原発停止が長期化し、代替の火力発電に使う燃料費が急増して経営を圧迫していることが原因。


心配なのが電気料金が値上げになると建築材料も値上がりする事です。

企業向けの電気料金が20%も上がるとその影響は建築材料他すべてに及ぶと思います。


消費税アップや電気料金アップとダブルパンチで住宅価格は高くなりそうです。


現在設計中の住宅は値上がり前に工事着手できるようにすすめていく予定ですが
年明けからのご注文は今まで安くできていた価格と同じようにできなくなるかもしれません。


住宅の計画は年内に着手されるのがお勧めです。



●お問合せ・ご相談はこちらから 

無料のプレゼント↓

★無料メルマガ しらなければ損をする家造りのノウハウが満載
詳細はこちら

無料メルマガお申し込みはこちらから

★無料メールセミナー 500万円以上得する家造り
詳細はこちら

無料メールセミナーお申し込みはこちらから 






住宅建築の見積もり

お客様の中には建築される予定地が決まっていない段階で
いくらでできますかって聞かれる方もあります。


住宅会社によっては規格のプランでこのタイプだと基本本体価格
が○○○万円ですって話を進める場合があります。


お客様はそれで住めるようになるって思われますが、最終の見積もりは
もすごく高くなる場合がほとんどです。


建築される敷地はそれぞれ違います。


敷地周囲にコンクリートの擁壁を作り、宅地造成工事が必要な場合
もあります。


水道や下水の引き込み、雨水の排水、浄化槽の設置、地盤補強工事が
必要な場合もあります。


既存の建物の解体費用がかかる場合もあります。


法律により敷地の半分までしか建てられない場合や、建物の高さ制限が
あったりします。

いろんな敷地条件によって住めるように工事する為の費用がそれぞれ
違ってきますしプランも大きく変わってきます。


私はプランや見積もりは建築される敷地を見せて頂いてからでないと
できません。


相当大きな敷地ならどんなプランでも可能でしょうが・・・



見積もりもたとえば、外部の給排水工事の見積もりをする為には

敷地に建物の配置を決めて、

排水管が何メートル必要か、水道配管の長さがこれだけ必要といった数量
を出して工事費が出ます。



それをせずに外部給排水工事一式いくらって書いて見積書を提出してくる
建築会社もありますが、どんぶり勘定で損しないように高い見積もりを
出してきます。



建物の本体価格として安い金額でお客様を引き付けて、それ以外に必要な
工事部分に上乗せしているようです。


時々お客様が他社の広告チラシの価格と私の見積もりを比べて高い
ですね、って言われる方もありますが価格にどこまでの工事を
含んでいるかを調べておられません。



内容からすると私の見積もりの方がはるかに安いのに・・・・


困ったものです。



やっぱり大手は知名度では信用がありますが、
小さな設計事務所は信用できないでしょうか?



でもごく一部の方は大手住宅メーカーを断わってでも私に

大切な家づくりを任せて頂いています。



安心の家づくりは兵庫の建築家・設計事務所

 新庄一級綜合建築設計にご相談下さい。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑応援クリックありがとうございます


ホームページはこちらです

●お問合せ・ご相談はこちらから 

●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄)
090-3992-3364


無料のプレゼント↓

★無料メルマガ しらなければ損をする家造りのノウハウが満載
詳細はこちら

無料メルマガお申し込みはこちらから

★無料メールセミナー 500万円以上得する家造り
詳細はこちら

無料メールセミナーお申し込みはこちらから 


新築住宅35坪のお家が1300万円代

新築住宅の建築費用っていくらで、できるのかって皆さん
一番気になる事ですよね。


ローコストのデザイナーズ住宅をご希望のお客様から
ご要望等お聞きしてプランの作成→設計図面の作成→
建築費用の見積りと進めていました。


結果 35坪のデザイナーズ住宅が1300万円代となりました。


どうせ安い材料ばかりじゃないの?

見積りに含まれてない別途費用がいっぱいあるんじゃないの?

って思われてませんか?

とんでもない!


一部の住宅メーカーと同じにしないで下さい。


エコキュートー・IHシステムキッチンL2550・システムバス1616
洗面化粧台w750・シャワートイレ・等すべて一流メーカーです。


大容量の玄関収納・収納付きテレビ台L1600・床下収納なども
ついています。

屋根は耐久性にもっとも優れる粘土瓦、三州瓦で色あせもありません。


外壁は10年間塗膜保証のサイデングで専用金具止めによる
通気工法、下地には地震にも強い構造用合板を全て張ります。

壁・天井の断熱材100o、床下にも湿気に強い断熱材を隙間無く
敷き込み、サッシは全て二重ガラスで断熱構造です。


床下部分の土台等は湿気にも強いヒノキの無垢材。

床下全面コンクリートのベタ基礎はD13間隔150クロスで頑丈
な基礎、床下からの湿気を防ぐ防湿シートを全面に敷き込み
ます。


照明器具付き・テレビ付きインターホン・コンセントの数も
たっぷりです。


ご要望をお聞きしてプラン・設計図を作成してからの見積もり
となりますので、全く同じお家ができる事がありませんし、
坪いくらのお家は造っていませんが、坪38万円くらいになっています。


見積り書の有効期限は1ケ月となっていますので3月15日までに

詳しく知りたい方はご相談下さい。


石油価格の上昇、電気料金の値上げ等により材料価格が高くなる
場合があります。


●メールでのご相談はこちらから 

●お電話でのご相談は 担当者直通電話(担当・新庄)
090-3992-3364


ご相談は無料です。お気軽にどうぞ


タグキーワード

新築住宅550万円 !?

ある住宅メーカーが新築住宅550万円というのをやっています。

新築住宅が550万円ってそれはすごいって思ってその住宅メーカーの
ホームページを見てみました。

私は家族で十分住める家の大きさだとばかり思いこんでいましたが、
7m四角の平屋の住宅で延べ床面積48.74u 14.7坪です。

これでは家族でとうてい住むのに必要な部屋数が足りません。

大体家族で住む為には最低延べ30坪くらいの大きさが必要になります。

14.7坪では無理です。

でもみんな新築住宅で550万円って聞いたら普通に家族で住める家がそうなんだって思ってしまいますよね。

それに

続きを読む

タグキーワード

坪単価でお家を買ってはいけません


よく坪いくらでできますかって聞かれます。

大きなお家と小さなお家では同じ材料を使っても坪単価は小さなお家の方が高くなります。


それはシステムキッチン、システムバス、便器、エコキュートー、

洗面ユニットなど設備関係が大きなお家も小さなお家も同じように必要です。


又玄関の建具も大きなお家も一つです、小さなお家も一つです。


設備器機や玄関建具などがたとえば合計400万すると80坪のお家ですと坪5万

ですが20坪のお家だと坪20万かかる事になります。

その差は坪15万も違います。


大きなお家でも小さなお家でも設備器機などは同じ数ならかかる費用が同じですから坪数で割り算すると当然高くなるのです。


坪単価でお家を買ってはいけません。


あくまでも材料や設備器機一つ一つ吟味して決めて、その合計で総額が決まるのです。


お家は買うものでなく一つ一つ創り上げていくものです。


-


ローコストデザイナーズ住宅の坪単価

建物の坪単価

ローコストデザイナーズ住宅では

建物の価格について坪いくらでできますか?

ってよくきかれます。

新聞折込チラシに坪○○万と書いてあるのを見ますが

小さな字で施工面積○○坪以上で外部の給排水電気工事、

地盤調査費用、門塀等、別途と書かれてます。

きれいなチラシで外観や内部の写真もたくさんのっていて

ここにも一部オプションを含みますと

小さな字で書かれてます。

まったくよくわかりません、施工面積って何なんだろう?

建築基準法では床面積と建築面積の計算方法が示されていますが

施工面積はありません。

チラシの施工面積というのは延べ床面積に

ベランダやポーチ等屋根のある部分や吹き抜け部分も入った

面積の事だろうか?

もしそうだととすると施工面積は延べ床面積よりも

かなり大きくなります

その考えかたで延べ床面積27坪程のS邸の施工面積を計算すると

40坪程になりました。

仮に坪30万だとすると施工面積40坪で1200万ですが

延べ床面積27坪で割り算すると坪44.44万です、

それに住むためにどうしても必要な

外部給排水電気工事の費用も別に必要だし

オプションの追加費用もかかりそうです

私は建築される場所や具体的内容を聞かずに

いきなり坪いくらでできますかと聞かれても

はっきりお答えする事ができません。

なぜなら地盤調査に基づいた地盤の補強、基礎の構造、使用する材料、

キッチンや浴槽等の設備器機、内装、等

予算も検討しながら打ち合わせして決めていき

最終的に総価格が決まるからです

オプションや別途工事はありません


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ローコスト・デザイナーズ住宅・兵庫・岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます